育児系おすすめ

子供が吐いた時の対応について

子供が吐いたときの対応について
なずな
なずな
こんにちは!なずなです

先週、休みの日に朝ごはんを普通に食べた息子が、突然吐いてしまいました。

冬に流行る、吐いたり下痢したりするウイルスと言えば、ノロウイルスやロタウイルス

息子はその日に3回続けて吐いて、39℃台の熱も出ましたが、幸い、吐いたのはその3回だけ。

次の日には熱も37℃台に下がり、病院に行って点滴をしてもらって、3日目にはご飯も普通に食べられるようになって、治りました。

今回のことがあって、子どもが吐いた時気を付けることや、消毒の仕方などを詳しく調べてみたので、まとめました。

子供が吐いたとき「脱水に注意!」

子供が吐いたとき「脱水に注意!」

ノロウイルスやロタウイルスにかかってしまっても、これに効く、抗ウイルス剤は今のところ無いのです。

脱水に注意して、体力を回復させるためよく休むしかありません。

吐き気が強いときは、飲み物を飲んでもそのまま吐いてしまうので、落ち着いてから、少しずつ飲むのが良いです。

経口補水液やスポーツドリンクがおすすめです。

栄養をとるために、と、牛乳や果汁のジュースなどを飲むと、吐き気が強くなることがあるので気を付けましょう。

特に年齢が低いと脱水症状を起こしやすいので、病院に受診して、必要なら点滴をしてもらいます。

下痢止めは、ウイルスを長く体の中に留めてしまい、回復を遅らせることがあるので使用しないほうがよいです。

参考:厚生労働省ホームページ

経口補水液 OS-1

家でできる経口補水療法

ユニセフで紹介されている、経口補水液の作り方です。

1 水1L

2 砂糖小さじ6杯

3 塩小さじ半分

4 1+2+3を混ぜる

・・・参考:ユニセフホームページより

経口補水液は熱中症の時にも役立つので、知っておくと便利です。

吐いたものの片づけ方、消毒の仕方

吐いたものの片づけ方、消毒の仕方

もし準備できるなら、ビニール袋などに吐かせる

吐くのは突然のことが多いので、周りの物を汚してしまうことが多いです。

飛び散ったウイルスから、他の人へ感染しないように気を付けなければなりません。

もし、「吐き気がする」という段階で、準備が出来るなら、ビニール袋などに吐いて、そのまま縛って捨てれば、ウイルスを飛び散らせずに処理できます。

バケツなどに吐いて、それを捨てるのに持ち運んだり洗ったりすると、そのバケツや洗面所などにもウイルスがついて、そこから別の人に感染する恐れがあります。

吐いたものの片づけ方、汚れてしまった物の消毒の仕方

普通のアルコールはあまり効かない!塩素系漂白剤を使う

普通のアルコールはノロウイルスやロタウイルスにも効果があまりないのですが、こういったウイルスに効果のある消毒液は、「次亜塩素酸ナトリウム液」です。

「次亜塩素酸ナトリウム液」は塩素系漂白剤で作れます。

家庭によくある塩素系漂白剤は、台所用のブリーチやハイターです。

薄めた液を使って、以下のように消毒します。

・吐いたものや下痢便がついた場合は塩素濃度0.1%の液で浸すようにふき取る。

・衣類は下洗いして85℃以上の熱湯に2分以上浸すか、濃度0.1%の液に5~10分浸して、水洗いしてから、普通に洗濯する。

・ドアノブや手すりなどは濃度0.02%でふきとり、必ず水で2度拭きする。

ブリーチやハイターは塩素濃度5%なので、薄める割合は以下のようになります。

ブリーチやハイター
ふき取りや衣類の消毒10ml500ml
ドアノブや手すりの消毒2ml500ml

参考サイト

厚生労働省ホームページ

家事ネタ<ノロウイルス>フローリングやじゅうたん、洗濯できないものについた嘔吐物の処理(消毒)方法

CLINIC FOR ノロウイルス対策消毒液の作り方・消毒方法とは?医師が解説します。

「次亜塩素酸ナトリウム液」は「次亜塩素酸ナトリウム水」とは違うので気を付けましょう

酸性アルコールなら、ノロウイルスやロタウイルスにも効果あり!

ウイルスにも効果のある「酸性アルコール消毒剤」が開発されています。

塩素系漂白剤は手指には毒なので直接手指にはつかえません。

また、塩素系漂白剤を使って消毒した後は必ず水拭きが必要です。

が、「酸性アルコール消毒剤」なら、安心して手指の消毒が出来ます。

水拭きの必要もありません。

商品には次のようなものがあります。

SARAYA「ハンドラボ」

健栄製薬 手ピカジェルプラス

効果のあるものを使って、しっかり感染予防したいです。

できる範囲で。

消毒などはとても大切ですが、一番大切なのはもちろん子ども。

子どもの世話が一番です。

今回、私は、衣類は塩素で消毒はせず、下洗い→普通に洗濯してしまいましたが、私も主人もうつりませんでした。

自分一人しかいなくて、子どもの世話も、消毒なども全部完璧に、なんて出来ないです。

無理して疲れて、自分がダウンしてしまったら大変です。

抵抗力の弱い乳幼児や高齢者がいる場合など、気を付けないといけない場合もありますが、家庭の感染対策は出来る範囲でやればよいと思います。

まとめ

まとめ

冬の間は特に、子どもは色々な感染症にかかりやすいです。

そんなときも慌てずに、適切な対応をして、早く回復するようにしてあげられたら良いですね。

また、自分も他の家族も移らないように気を付けましょう。

春が来るまでもう少し。

元気で過ごせますように!

ランキングに参加しています

にほんブログ村 ブログブログ ブログ初心者へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ

PR